自動車をはっしんがこのブログで解説します!自動車に興味津々!



ブログトップ>カテゴリー:自動車

自動車

自動車についてのページです。
自動車について新着順に記事を並べています。

自動車

2018年04月12日
ガソリン代節約と事故回避が期待できる!タイヤの空気圧や温度を車内からスマホでリアルタイムに確認できるタイヤモニター ソフトバンクC&S『ZUS Smart Tire Safety Monitor』



クルマに良く乗る人には必須といえる

商品です。

『ZUS Smart Tire Safety Monitor』

20180407(T 1)


タイヤの空気圧をリアルタイムに

チェックできるタイヤモニターです。

20180407(T 2)


ホイール内部に組み込むタイプや、

バルブキャップの替わりに

後から取り付けるタイプは

以前からありましたが、

どれも専用のモニターが必要で

割高な商品となってました。



ZUS Smart Tire Safety Monitor は

スマホアプリを使うので、

コストアップの要因となる

専用モニターは必要なく、

スマホ画面で空気圧確認ができます。

20180407(T 3)


空気圧が低いまま走行すれば

燃費が悪くなってしまいますが、

いつも最適な空気圧を保っていれば

ガソリン代が節約できるでしょう。


走行中でも空気漏れを検知できるので

事故を未然に防ぐこともできます。



タイヤ空気圧モニタリングシステム

(TPMS) は、海外では多くの国で

義務化されている装備です。


近々、日本でも義務化されて、

新車から装備されると思われます。



車に良く乗る人なら、導入する

値打ちがある商品だと思います!!


『ZUS Smart Tire Safety Monitor』


lifestyle_otoku at 22:48|この記事のURLComments(0)
2018年04月10日
春のクラシックスポーツカーの祭典!旧車好きにはたまらないイベント『La Festa Primavera 2018(ラ フェスタ プリマベラ 2018)』2018年4月13日〜17日



クラシックカー好き、旧車好きには

たまらないイベントが開催されます。

『La Festa Primavera 2018』

20180402(L 1)


旧車と言っても、40年以上前の

まさにクラッシックカーというべき

古い車が公道を走るイベントなんです



名古屋から伊勢志摩や和歌山を巡って

京都までの約1,100kmを走るんです。



自分も30年以上前のバイクを所有して

いるので、旧車の維持管理が困難な

ことは理解できます。



60年前のイタリア車を維持管理して、

ベストコンディションで1000kmを

走らせるというのは、よっぽど

クルマ好きで、余裕のある人しか

実現できないでしょう。



このイベントを間近で見れそうなのは

私の場合、4月15日・11時〜正午の

【貝塚市役所】あたりや、

20180402(L 2)


夕方の【帝国ホテル大阪】あたりです



クルマ好きな有名人の

堺正章さん、横山剣さんが参加して

いることも気になりますが、

やっぱり旧車が気になります。

20180402(L 3)


ダットサン・フェアレディや

20180402(L 4)


TOYOTA・2000GTの勇姿を見たいので

20180402(L 5)


見物に行きたいと思います!


『La Festa Primavera 2018』


lifestyle_otoku at 22:38|この記事のURLComments(0)
2018年04月05日
ノーマルタイヤ・スタッドレスタイヤの交換時には用意しておきたい!ホイールのボルトナットを簡単に規定の締め付けトルク値で取り付けできる『プレセット型トルクレンチ』



暖かくなってきて、

そろそろスタッドレスタイヤを

ノーマルタイヤ(サマータイヤ)に

交換しようと思います。



前回の交換時は、ホイールナットを

手の感覚で締め付けていたため、

緩みが心配で何度も増し締めを

してました。



ボルトナットが緩んで外れることは

論外ですが、締め付け過ぎて

ボルトが折れてしまうことも

大問題です。



今度、ホイールを交換する時は

『トルクレンチ』を準備しようと

考えてました。

20180330(T 1)


希望するトルク値をあらかじめ

セットしておけば、簡単に規定値で

締め付けることができるんです。



アルミホイール対応の薄型ソケットが

セットになったタイプを購入しました

20180330(T 2)


専用ケースに収められてます。

20180330(T 3)


主目盛と副目盛を規定値にあわせて

使うので、しっかりと説明書を

読み込む必要があります。

20180330(T 4)


ホイール交換はもちろん、

サスペンション交換や

バイク整備でも役立つでしょう。


トルクレンチをいろんな場面で使って

素手でも おおよそのトルク値が

判るようになりたいです!


lifestyle_otoku at 22:48|この記事のURLComments(0)
2018年03月07日
アウトドア&キャンプ好きなら訪問したい!震災などの災害時にも役立つキャンピングカーが集まる インテックス大阪『大阪キャンピングカーショー2018』2018年3月10・11日開催



今週末に 楽しみなイベントが

開催されます。

『大阪キャンピングカーショー2018』

20180302(O 1)


都市部の道路事情に適している

コンパクトサイズキャンピングカーや

欧米で主流の大型サイズのものなど、

多種多様な車種が勢ぞろいする

西日本最大級のキャンピングカー

総合イベントです。



170台以上が展示・販売されるようで

実際に車内に入って、広さ、機能、

使い勝手などを体感できます。


キャンピングカー関連用品やパーツの

展示即売や、関連情報発信などの

コーナーもあるようです。



以前から気になっている

『キャンピングカー広島』製の

【ポップコン】や

20180302(O 2)


【ピコ】も展示されるようなんで

楽しみです。

20180302(O 3)


お得な前売り券を入手して、

今週末に備えたいと思います!!


『大阪キャンピングカーショー2018』


lifestyle_otoku at 06:38|この記事のURLComments(0)
2018年02月05日
ドレスアップカー好き、チューニングカー好きの祭典!カスタマイズカーが大集合する『第22回 大阪オートメッセ2018』2018年2月10日・11日・12日 インテックス大阪で開催



クルマ好き、特にカスタマイズされた

クルマが好きな人達のための

イベントが開催されます。

『第22回 大阪オートメッセ2018』

20180201(O 1)


2018年2月10日・11日・12日に

インテックス大阪で開催されます。



大手自動車メーカーが主導する

“モーターショー”と違って、

どちらかというと、

中小の自動車ドレスアップメーカーや

チューニングカー用品メーカーが

主体となっているイベントです。



先日、一足早く開催された

『東京オートサロン2018』は

20180201(O 2)


本家とも言える

“東京モーターショー”よりも

熱気があったそうです。



ドレスアップやチューニングカーに

興味がある人のための製品や、

愛車のためのグッズやアクセサリー、

クルマに関連する商品が展示・販売

されているので、興味がある人は

要訪問です!!


『第22回 大阪オートメッセ2018』


lifestyle_otoku at 22:38|この記事のURLComments(0)
2017年10月13日
今年の冬は“暖冬”or“厳冬”?!早めに準備すれば在庫豊富で格安に入手できるスタッドレスタイヤを国内最大級のタイヤ&ホイールネット通販『オートウェイ(AUTOWAY)』で購入



気温が下がってきたので

冬準備を始めることにしました。


降雪や路面凍結シーズンになると

在庫切れや価格高騰する

スタッドレスタイヤをチェックです。

20171006(T 1)


今なら目当てのスタッドレスタイヤが

アルミホイール付きでも格安です!

20171006(T 2)


純正よりもタイヤ幅を狭くしましたが、

接地圧が高まり、雪道でグリップ力の

向上が期待できます。


コーナリング性能は低下しますが、

厳寒時はスピードを出さないので

問題ありません。


5mmのホイールスペーサーを使えば、

フェンダーからの引っ込み感も

同じに調整できます。



さっそく深夜に注文してみましたが、

翌々日にはホイールに組み込まれた

タイヤセットが届きました!

20171006(T 3)


格安の輸入スタッドレスタイヤ

【ナンカンタイヤ】は初めてでしたが

ゴムの硬度やサイプ&パターンは

国産スタッドレスタイヤと比べても

遜色ありません。


ナンカンタイヤは、ヨコハマタイヤと

技術提携していたこともあり、

全世界での評判も上々です。



路面凍結シーズンに突入したら、

早々にタイヤを付け替えて、

性能チェックをしようと思います!!

『オートウェイ(AUTOWAY)』


lifestyle_otoku at 22:48|この記事のURLComments(0)
2017年09月06日
国産車から輸入車まで!グランピングブームにピッタリな豪華装備のキャンピングカーも多数『大阪キャンピングカーフェア2017・秋の大商談会』インテックス大阪 2017年9月16日・17日



楽しみなイベントが開催されます。

『大阪キャンピングカーフェア2017』

20170901(C 1)


アウトドア好き、キャンプ好きが

憧れる“キャンピングカー”の

商談会です。


アウトドア活動時はもちろん、

仮眠を取りながらの長距離移動や

災害時にも大活躍すること

間違いありません。



気になっているメーカーも出展して

いるのでとても興味があります。

20170901(C 2)


ペット同伴可能、各種イベントや

吉本芸人のお笑いステージや

グルメコーナーなどもあるので、

休日を有意義に堪能できそうです!


『大阪キャンピングカーフェア2017』


lifestyle_otoku at 22:28|この記事のURLComments(0)
2017年08月09日
夏場は エアコン使用&渋滞時の低速走行でバッテリーを酷使!普段は大容量モバイルバッテリーとして使える バッテリー上がり時のエンジン始動装置『ジャンプスターター』



知人がバッテリー上がりで

JAFに救援を要請しました。


エアコン使用でバッテリーを

酷使したようなんです。


近所の買い物しか車を使わないので

バッテリーが しっかり充電される

こともなく、しだいに容量が

減っていったのでしょう、と

JAFから説明を受けたようです。



バッテリー上がりになっても、

接続するだけで セルモーターを回し

エンジンを指導する装置があります。

『ジャンプスターター』

20170802(J 1)


カー用品店では1万円以上です。



ネットで探すと4000円程度だったので

購入することにしました。

20170802(J 2)


容量は8000mAhと大容量で、

車用の12Vでも、USB用の5Vでも

出力することができます。

20170802(J 3)


エンジン始動ができなくなった

バイク用バッテリーの電圧を

計測してみると 9V以下でしたが

20170802(J 4)


説明書通りにジャンプスターターを

接続してみると、12V以上に!!

20170802(J 5)


これならセルを回せそうです。


コンパクトなんで、

バイクツーリング時でも

邪魔になりません!

20170802(J 6)


車しか乗らない人なら、

バッテリー接続ワニグチクリップを

車に積んでおいて、

ジャンプスターター本体を

大容量モバイルバッテリーとして

持ち歩けば 一石二鳥で重宝します!



エアコンでバッテリーを酷使する夏と

気温低下でバッテリー容量が下がる

冬には、お守りというか保険として

ジャンプスターターを常備したいです

『ジャンプスターター 12V』


lifestyle_otoku at 22:48|この記事のURLComments(0)
2017年08月03日
バッテリーの消費電力を下げつつ、より明るくなるLEDルームライト!DIYなら市販品の10分の1程度の価格で取り付けできる アマゾン『LEDパネル』『LEDウェッジ球』『LED球』



カー用品店で売場面積を増やしている

【LEDルームライト】

20170726(L 1)


車種ごとに作られたタイプや

汎用タイプなど、いろいろあります。

20170726(L 2)


消費電力が少なく、明るさが増すので

クルマに取り付けてみようと

ネットを探してみると、格安品を

発見しました。

20170726(L 3)


アマゾンで色々なタイプがあります。



1週間ぐらいかかる郵送便の場合、

送料が無料となります。

20170726(L 4)


車種ごとの専用仕様ではないので、

自分で工夫して、取り付ける必要が

ありますが、格安で入手できます。



知人のクルマにも取り付けを

依頼されたので、

ウェッジ球タイプやルーム球タイプを

入手したいと思います!

20170726(L 5)



lifestyle_otoku at 22:59|この記事のURLComments(0)
2017年07月19日
車載オーディオ、カーラジオにノイズが入るので手軽に対策!後付けドライブレコーダーやカーナビのケーブルにのる高周波ノイズを大幅にカット『高密度フェライトコア10個セット』



知人から相談を受けました。

「後付けのドラレコを付けたら
 カーラジオにノイズが入る」



日本の大手メーカー製品の場合、

ノイズ対策を綿密にしてますが

安い中国製品だと、製品本体や

DCアダプターに ノイズ対策を

していないものが多いです。



本格的にノイズ対策をするなら

電源部に割り込み配線する

【ノイズフィルター】が有効です。

20170711(F 1)


今回の場合、ここまでの対応が

必要かどうかわからないので

手軽に対処することにします。

『高密度フェライトコア』

20170711(F 2)


パソコンや周辺機器に発生する

高周波ノイズを減衰させるための

パーツです。

20170711(F 3)


円柱形のフェライトコアが、

パカッと割れて、中心部の

溝にケーブルを挟み込めるように

なってます。

20170711(F 4)


ケーブル周りに発生している

高周波を フェライトコアが

吸収して 熱に変換するんです。



後からできる高周波ノイズの

対策として、随分と前から

使われている方法です。



一番のノイズ発生源と思われる

シガープラグ電源アダプターの

コード部分に取り付けてみました。

20170711(F 5)


カーラジオに入るノイズが大幅に

改善できました!



機器の特製や相性、ノイズの

周波数にもよりますが、

ノイズ対策の第一段階選択肢として

『フェライトコア』は使えると

思います!!


lifestyle_otoku at 23:08|この記事のURLComments(0)
最新記事
過去記事