DIYをはっしんがこのブログで解説します!DIYに興味津々!



ブログトップ>カテゴリー:DIY

DIY

DIYについてのページです。
DIYについて新着順に記事を並べています。

DIY

2018年07月18日
汚れた靴下や下着を入れてシェイクするだけで洗浄できる!アウトドアグッズメーカー【LOGOS(ロゴス)】の持ち運べる洗濯機(ランドリーバッグ)『シェイク洗濯袋』



面白い商品を教えてもらいました。

『シェイク洗濯袋』

20180712(L 1)


“ターポリン”というか、

ポリエステル&TPU製の生地でできた

丈夫な防水バッグです。



入り口は防水性を発揮する構造です。

20180712(L 2)


この中に汚れた洗濯物と水&洗剤を

入れて、口を閉じ、シェイクすると

洗濯ができるという“洗濯袋”です。



持っている“防水リュック”も

同じような構造なんで、

洗濯バッグとして使えるかなぁ?

っと思いましたが

20180712(L 3)


ロゴスの『シェイク洗濯袋』には

汚水を流すための“排水バルブ”

(排水口)が付いているので、

汚水を流すのが簡単です。

20180712(L 4)


数回すすぎ工程を繰り返して、

最後に手で絞るとか、

乾いたバスタオルで挟み込んで

脱水すれば 洗濯完了です。



バッグの中心には、ひし形の透明窓が

あるので、洗濯途中でも内部の様子が

良くわかることも商品特徴です。

20180712(L 5)


アウトドア活動時はもちろん、

災害時や停電時、少量の洗濯物や、

洗濯機に入れたくないような

酷すぎる汚れ物を洗う時にも

重宝しそうです。


ロゴスショップで現物を確認して、

購入しようと思います!

『ロゴス・シェイク洗濯袋』


lifestyle_otoku at 22:58|この記事のURLComments(0)
2018年06月22日
二重窓にしたら 断熱・結露防止・省エネ・防音・UVカット 効果がアップ!中空ポリカーボネート板を使って自分で作る断熱二重窓 アクリルサンデー株式会社『エコな簡易内窓』

 

ホームセンターで新しい商品を

発見しました。

『エコな簡易内窓』

20180617(E 1)


冬の断熱や 夏の冷房効果向上、

防音効果アップも期待できる

“二重窓”を手作りで設置できる

キットとなってます。

20180617(E 2)


現状の窓枠に、設置スペースがあれば

手軽に 断熱・結露防止・省エネ・防音が

向上できる“二重窓”を追加設置

できるんです。



二重窓に使われる材料は、中空構造に

なっているので、かなりの効果が

期待できるでしょう。

20180617(E 3)


透明度は下がりますが、

UVカット効果も向上するでしょう。



以前から中空ポリカーボネート板を

いろんな工作で使っていたので、

使い勝手は良くわかります。

20180617(E 4)


実家の窓は、1枚ガラスの

昔ながらの窓なので、

自作の二重窓を設置してみようと

考えてます!


lifestyle_otoku at 22:58|この記事のURLComments(0)
2018年01月02日
プロ仕様なのに簡単作業で新品のような艶が復活!強力被膜・洗浄効果・長期耐久・強力撥水・ツヤ復活・セルフ洗浄の家庭用シンクコーティング『ステンレスシンク用コーティング剤』



東急ハンズの掃除関連コーナーで

興味深い商品を発見しました。

ステンレスシンク用コーティング剤

20171223(C 1)


台所の流し台に使う

ワックスというかコーティング剤です

20171223(C 2)


以前から 車用のコーティング剤は

一般的ですが、台所のキッチン用は

初めて見ました。



洗浄工程は自動車の場合と

同じようです。

20171223(C 3)


研磨剤入りのクリーナーで下地を

整えてから、コーティング剤で

被覆するようです。



成分はこんな感じです。

20171223(C 4)


フッ素樹脂とシリコン樹脂を使った

高耐久仕様となってます。


この仕様なら、撥水性抜群でしょう。



評判・評価を調べて、試してみようと

考えてます。

『シンク用コーティング剤』


lifestyle_otoku at 22:48|この記事のURLComments(0)
2017年12月26日
石油ファンヒーター・ガスファンヒーターを上手に利用した省エネダクト!DIY覚悟なら通常商品の半額以下で購入できる『アルミフレキダクト(アルミフレキシダクト)』



ホームセンターで面白いモノを

発見しました。

『しっかり曲げられる省エネダクト』

20171219(D 1)


ファンヒーターの温風を導いて、

別の場所に暖かい風を届ける

自由自在に配置できるパイプです。

20171219(D 2)


ファンヒーターの温風を

少しだけこっちに向けたいなぁ、って

思ったことがあるので魅かれました。



でも良く考えると、これって

『フレキシブルアルミダクト』と

同じでは?っと思いました。

20171219(D 3)


ほぼ同じサイズだと価格は約1/3です

20171219(D 4)


『アルミフレキダクト』の場合は

表面が塗装されていないので、

部屋にマッチしなかったり、

ダクト表面が熱くなったり、

デメリットがあるかもしれませんが、

気にしない人なら問題ないでしょう。



実家で使っているファンヒーターの

温風を、コタツまで導いてみようと

考えてます!!


lifestyle_otoku at 22:38|この記事のURLComments(0)
2017年12月13日
iPhone 8 やiPhone X で採用された【ワイヤレス充電】!Qi規格対応のワイヤレス充電器とワイヤレス充電レシーバーで 置くだけで充電スタートするコードレス充電環境にする方法



Androidスマホでは少しずつ採用が

始まっていた【ワイヤレス充電】が

iPhone 8 やiPhone X でも

採用されるようになりました。



知り合いからも

「便利だよ!」と言われたので

自分も【ワイヤレス充電】を

導入することにしました。



Androidスマホ用のQi対応

充電レシーバーと、

Qi充電器を購入です。

20171206(Q 1)


Qiレシーバーは1000円以下、

Qi充電器は2000円以下で買えます。



厚みが0.5mmほどのQiレシーバーは

スマホカバーが透明でない限り、

存在感が無いでしょう。

20171206(Q 2)


micro-B のUSB差込口はこんな感じ。

20171206(Q 3)


すっきり収まって違和感なしです。



さっそく、Qi充電器に置いてみると

充電開始です。

20171206(Q 4)


低価格のシングルコイル充電器

なので、レシーバーと充電器の

コイルがずれると充電できません。



どれぐらいの充電スピードかあるのか

電流値を計測してみると、

0.6〜0.7Aほど流れてます。

20171206(Q 5)


Qiは電力伝送効率70%程度なんで

スマホ側の電流値は0.4〜0.5Aだと

考えられます。



有線で充電する時は 1.0A程度で

2時間ぐらいの充電時間でしたが、

Qi規格のワイヤレス充電だと

予想通り、4時間ぐらいでした。



あと、電磁波がどれぐらい周囲に

漏れているのか、簡単に測って

みました。



Qi充電器に通電してみると、

10cm程度離れた場所で

通話時のアンテナの先端ぐらいの

強い電磁波を検出します。

20171206(Q 6)


電磁波は脈動していて、

おそらく Qiレシーバー側のコイルを

探しているものと考えられます。



15cmほど離れると ほとんど電磁波を

感じません。

20171206(Q 7)


これなら実際の使用時に

問題とならないでしょう。



Qiレシーバーをセットしたスマホを

置いて、充電始まった状態では

5cm程度離れた場所で

通話時のアンテナの先端ぐらいの

強い電磁波を検出します。

20171206(Q 8)


10cm以上離れると ほとんど電磁波を

感じません。

20171206(Q 9)


Qi充電器で充電しながら、スマホを

耳元に近づけて通話するのは

良くないと思われますが、

普通の使い方をする場合は、

問題にならないでしょう。



ワイヤレス充電・コードレス充電の

便利さが理解できたので、

Qi充電器を買い足して、オフィスでも

家でも、運転中でも、

快適に使えるようにしようと

思います!!!



lifestyle_otoku at 22:48|この記事のURLComments(0)
2017年12月11日
簡単に手作りできて余計な添加物の心配も無し!お気に入りのピーナツバターと葛粉や片栗粉で作る沖縄名物『ジーマーミ豆腐(地豆豆腐)』



知り合いが沖縄旅行に行ったと聞いて

急に沖縄名物の『ジーマミー豆腐』が

食べたくなりました。



メーカーが作ったジーマミー豆腐を

そのまま購入しても良かったんですが

自分で作ってみることにしました。



保存料・着色料・香料不使用の

“ピーナツバター”と、

血行促進・肝機能向上・免疫向上や

アンチエイジングが期待できる

“くず粉”を買ってきました。

20171205(G 1)


ステンレスボウルに

ピーナツバター100g

くず粉50g

水300gを入れます。

20171205(G 2)


ガスコンロでもいいのですが、

微妙な火加減で加熱できる

IH調理器で攪拌しながら、

ゆっくりと加熱します。

20171205(G 3)


温度が上がってくると、

ピーナツバターが柔らかくなり

溶けはじめます。

20171205(G 4)


焦げつかないように休まず

かき混ぜ続けると、でんぷん成分に

トロミが出てきます。



泡だて器で しっかりと持ち上がる

ぐらいになったら加熱終了です。

20171205(G 5)


適当な器に入れて、冷やし固めたら

完成です!

20171205(G 6)


食べてみると、手作りの充実感と

あわせて 満足の美味しさです!!



沖縄好きの友人にも食べてもらい、

感想を聞きたくなる

ジーマミー豆腐です!!!


lifestyle_otoku at 22:28|この記事のURLComments(0)
2017年11月21日
自宅で手軽に【しいたけ栽培】できるかも!日光は必要なく、水分・新鮮な空気・完熟ホダ木・菌床があれば 2週間程度で簡単にキノコが作れる『菌入りしいたけ原木・ホダキング』



ホームセンターで気になる商品が!

『しいたけ栽培セット』

20171109(H 1)


クヌギやシイの原木や、

しいたけ菌が販売されてます。



説明を見てみると、秋〜初冬と

春が シイタケの発生シーズンです。

20171109(H 2)


適切に管理するだけで、想像よりも

簡単に栽培ができるようです。



原木と

20171109(H 3)


しいたけ菌を買って

20171109(H 4)


原木に開けた穴に菌を埋め込む作業が

必要となりますが、

20171109(H 5)


最初から【しいたけ菌】を埋め込んだ

『菌入りしいたけ原木ホダキング』も

販売されてます!

20171109(H 6)


ベランダに栽培スペースを確保して、

鍋物に入れる“自家製しいたけ”の

栽培を検討してみます!!

20171109(H 7)



lifestyle_otoku at 22:58|この記事のURLComments(0)
2017年09月01日
コーヒー豆ミルからドリップまで全てがセット!アウトドアでもインドアでも活躍する新しいタイプのコーヒーメーカー『カフラーノ クラシック(Cafflano Klassic)』



キャンプや屋外で使える

コーヒーメーカーを探していて

いい物を発見しました。

『カフラーノ クラシック』

20170824(C 1)


コーヒー豆を挽く“ミル”や、

ステンレスメッシュを使った

“ドリッパー”、

ステンレスタンブラーコップが

一体化しているんです。

20170824(C 2)


いつでも どこでも、挽き立ての

コーヒーを味わいたい人には

ピッタリな商品です。

20170824(C 3)


秋に計画しているキャンプ時に

デビューさせようと考えてます!!


『カフラーノ クラシック』


lifestyle_otoku at 22:38|この記事のURLComments(0)
2017年08月03日
バッテリーの消費電力を下げつつ、より明るくなるLEDルームライト!DIYなら市販品の10分の1程度の価格で取り付けできる アマゾン『LEDパネル』『LEDウェッジ球』『LED球』



カー用品店で売場面積を増やしている

【LEDルームライト】

20170726(L 1)


車種ごとに作られたタイプや

汎用タイプなど、いろいろあります。

20170726(L 2)


消費電力が少なく、明るさが増すので

クルマに取り付けてみようと

ネットを探してみると、格安品を

発見しました。

20170726(L 3)


アマゾンで色々なタイプがあります。



1週間ぐらいかかる郵送便の場合、

送料が無料となります。

20170726(L 4)


車種ごとの専用仕様ではないので、

自分で工夫して、取り付ける必要が

ありますが、格安で入手できます。



知人のクルマにも取り付けを

依頼されたので、

ウェッジ球タイプやルーム球タイプを

入手したいと思います!

20170726(L 5)



lifestyle_otoku at 22:59|この記事のURLComments(0)
2017年07月19日
車載オーディオ、カーラジオにノイズが入るので手軽に対策!後付けドライブレコーダーやカーナビのケーブルにのる高周波ノイズを大幅にカット『高密度フェライトコア10個セット』



知人から相談を受けました。

「後付けのドラレコを付けたら
 カーラジオにノイズが入る」



日本の大手メーカー製品の場合、

ノイズ対策を綿密にしてますが

安い中国製品だと、製品本体や

DCアダプターに ノイズ対策を

していないものが多いです。



本格的にノイズ対策をするなら

電源部に割り込み配線する

【ノイズフィルター】が有効です。

20170711(F 1)


今回の場合、ここまでの対応が

必要かどうかわからないので

手軽に対処することにします。

『高密度フェライトコア』

20170711(F 2)


パソコンや周辺機器に発生する

高周波ノイズを減衰させるための

パーツです。

20170711(F 3)


円柱形のフェライトコアが、

パカッと割れて、中心部の

溝にケーブルを挟み込めるように

なってます。

20170711(F 4)


ケーブル周りに発生している

高周波を フェライトコアが

吸収して 熱に変換するんです。



後からできる高周波ノイズの

対策として、随分と前から

使われている方法です。



一番のノイズ発生源と思われる

シガープラグ電源アダプターの

コード部分に取り付けてみました。

20170711(F 5)


カーラジオに入るノイズが大幅に

改善できました!



機器の特製や相性、ノイズの

周波数にもよりますが、

ノイズ対策の第一段階選択肢として

『フェライトコア』は使えると

思います!!


lifestyle_otoku at 23:08|この記事のURLComments(0)
最新記事
過去記事