家電をはっしんがこのブログで解説します!家電に興味津々!



ブログトップ>カテゴリー:家電

家電

家電についてのページです。
家電について新着順に記事を並べています。

家電

2018年01月11日
厳寒の屋外作業、倉庫作業でも足元が暖かい!手元で操作できるリモコン付きのマイクロカーボンファイバー&バッテリー内蔵の『リモコン操作・電熱ヒーター付きインソール』



知り合いが困っていました。

「冬場の倉庫作業で足元が冷える」



巨大な空間で、すきま風が吹くような

ことはありませんが、暖房設備が無い

らしく、コンクリートの床面から

足裏が冷えてくるようなんです。



ダウンジャケットを重ね着して、

分厚い靴下を重ね履きしても、

足元の冷えに悩まされるようです。



なにか良い物はないかと探していると

良さそうなモノがありました。

『電熱ヒーター付きインソール』

20180106(I 1)


前足部分に電熱線が組み込まれていて

最長8時間持続する大容量の

充電式バッテリーが内蔵されてます。



一番驚いたのは“リモコン付き”です

20180106(I 2)


いちいち靴を脱ぐ必要が無く、

手元のリモコン操作で、弱・中・強の

温度調整が可能です。(約40度〜60度)

20180106(I 3)


充電時には、靴から中敷を取り出す

必要がありますが、簡単便利に

繰り返し充電ができるのは経済的です

20180106(I 4)


これなら厳寒時の倉庫作業に

ピッタリだと思われます。



冬場のアウトドア活動や、

バイク、自転車でも重宝しそうな

アイデア商品だと思います!!!


『リモコン電熱ヒーターインソール』


lifestyle_otoku at 22:38|この記事のURLComments(0)
2017年12月19日
旨味成分かもしれないけど糖質制限のために決別!糖質が溶け込んだ煮汁を排出してから炊き上げる独自の炊飯機構 サンコーレアモノショップ『糖質カット炊飯器』



興味深い商品が登場します。

『糖質カット炊飯器』

20171211(T 1)


糖質カットといえば、

こんにゃくを米粒状に加工した

“マンナンごはん”とかありますが

普通の米を糖質カットして

炊き上げる炊飯器は初めてでしょう。

20171211(T 2)


どんなメカニズムで糖質カットして

いるのかなぁ?ってみてみると

でんぷん質や糖質が溶け出した

最初の煮汁を捨ててから、

再び水を加えて炊き上げるというか

蒸し揚げるようになってます。

20171211(T 3)


過去には、吹きこぼれた煮汁成分を

ためておいて、再び戻すような

【うまみキャッチャー】という機構を

備えた炊飯器もありました。


サンコーの『糖質カット炊飯器』は

全く逆といえるアプローチの

炊飯器です。



今までの炊飯器と違って、

煮汁を捨てる という手間が少し

増えますが、簡単に

『糖質カットごはん』を作れます。

20171211(T 4)


メカニズム的に“せいろごはん”的な

蒸しあげて作る調理器なんで

炊飯以外に 蒸し料理ができることも

魅力的です。



1月末に発売予定なんで、

使用者の評判をチェックして

購入を検討したいと思います!!


『糖質カット炊飯器』


lifestyle_otoku at 22:58|この記事のURLComments(0)
2017年09月12日
電源もアプリもデータ転送も必要なく スマホで撮った写真をプリントアウトできる!スマートフォンの画面をインスタントカメラで撮影するタカラトミー『プリントス(Printoss)』



興味深い商品が登場します。

『プリントス(Printoss)』

20170907(P 1)


電池不要のモバイル簡易プリンターで

スマホの画面をそのまま写真として

プリントアウトできます。



使い方は簡単で、組み立てて、

画像を表示したスマホを上部において

プリントスのシャッターを押して、

本体のダイヤルを回してプリントを

排出します。

20170907(P 2)


年配の人なら“ポラロイドカメラ”

若い人なら“インスタントカメラ”や

“チェキ”を利用している構成と

言えば判ると思います。



プリント用紙(シートフィルム)は

“チェキ”用のモノを使っているので

簡単&手軽に使えます。

20170907(P 3)


スマホ画面だけでなく、切手や硬貨、

雑誌記事の接写にも使えそうです。



サードパーティーから 後付けの

外部レンズが登場すれば、普通に

風景や人物撮影もできそうです!



10月下旬の発売予定なんで

現物をチェックして購入しようと

考えてます!!


lifestyle_otoku at 22:38|この記事のURLComments(0)
2017年07月13日
40年前の玄関灯を修理することに!周囲が暗くなると自動で電源オンになり、明るくなれば自動で電源が切れる『ELPA・あかりセンサースイッチ(切替OFFタイマー付き)』



実家の門灯が故障しました。

夜になっても明かりがつかなく

なったんです。



調べてみると、光センサー部分が

壊れていました。



40年ほど前の商品で、修理部品はなく

門灯を丸ごと、新しい商品に替える

必要があります。



明暗センサー部分さえ何とかなれば

復活するので、ネットで探してみると

良いモノがありました。

『ELPA・あかりセンサースイッチ』

20170706(E 1)


クリスマスなどのイルミネーションを

暗くなってから自動的に点灯する

センサースイッチなんです。

20170706(E 2)


まさに、門灯と同じ用途なんで

修理パーツとして使えそうです。

20170706(E 3)


仕様を見ると、最大負荷も大丈夫です

20170706(E 4)


シンプルに、門灯のスリガラス部分に

このセンサーとLED電球をセットして

格安に門灯を復活させようと思います

20170706(E 5)


光センサーの受光部分に電球の光が

入ってしまうと、朝と勘違いして

スイッチが切れてしまうので、

センサーの設置位置に注意して

修理してみます。


lifestyle_otoku at 23:09|この記事のURLComments(0)
2017年07月04日
クルマにドライブレコーダーとカーナビを後付けしたい人に最適かも!ワンセグ放送受信にウォーキングナビ機能も付いている『ドライブレコーダーナビ・NAVIA』KAIHOU社製



知り合いから

「ドラレコとカーナビを付けたい」と

相談を受けました。



カーグッズ、最新家電が大好きなんで

調べてみると、ピッタリなものが!

『ドライブレコーダーナビTNK-734』

20170628(N 1)


ドライブレコーダー、カーナビ、

ワンセグ、車外でも内蔵バッテリーで

使用でき、地図データーは2020年まで

更新無料、オービス警告表示など、

必要充分で機能満載です。

20170628(N 2)


ハードウェア・ソフトウェアの仕様は

こんな感じです。

20170628(N 3)


本体はこんな感じです。

20170628(N 4)


ドラレコのカメラは本体裏面の

真ん中部分に付いていて、

設置場所はダッシュボード上部に

限られます。

20170628(N 5)


カーナビを起動してみると、

GPS衛星をしっかり捕捉して、

地図表示も問題ありません。

20170628(N 6)


しばらく使ってみて、問題が無ければ

知人のクルマに取り付けてみようと

考えてます!!

ドライブレコーダー付ナビTNK734DRT



lifestyle_otoku at 22:38|この記事のURLComments(0)
2017年06月30日
もらい事故や 違反を疑われた時に役立つかもしれない!手軽に設置できて 視界をさえぎることが少ないドラレコ『ルームミラー型ドライブレコーダー』



最近、ドライブレコーダーが

人気らしいです。



先日、高速道路で発生した

“対向車線から車が飛んできた事故”

以降、カー用品店では在庫切れになる

商品もあるらしいです。



自分が使用しているドラレコは

ディスプレイにドット抜けが

目立つようになってきたので、

新しいモノを購入しました。

20170622(M 1)


ルームミラーとの一体型を

試してみることにしました。



軽量・薄型でカメラ部分は可動します

20170622(M 2)


ディスプレイは中央部分で、

表示のON-OFFが可能です。

20170622(M 3)


後ろの状況も常時録画できて、

バックモニターにもなるリアカメラも

付いているので、実際に設置して

使い勝手を確かめてみます!


lifestyle_otoku at 22:58|この記事のURLComments(0)
2017年06月19日
良い材料を使えば最高の味に仕上がるはず!事前冷却が不要で 思い立ったら すぐに作り出せる 家庭用アイスクリームメーカー『アイスデリ(IceDeli)』



夏に向けて、素敵な商品を

教えてもらいました。

『アイスデリ(IceDeli)』

20170613(D 1)


電子冷却素子“ペルチェ素子”を

使って、アイスクリームを作る

家庭用アイスクリームメーカーです。



今までの家庭用アイスメーカーは

冷却材の入ったアルミ容器を、

8時間以上冷凍してから、

そのギンギンに凍った容器の中で

アイスの元を凍らせる というもの

でした。



業務用の大型マシーンを

家で使うのも現実的ではないんで

ペルチェ式アイスクリームメーカーは

コスト的にもサイズ的にも

最適だと言えます。



高級な生クリームやブランド卵を

使って、ハーゲンダッツ以上の

おいしいアイスクリームを作ることも

可能でしょう!

20170613(D 2)


現物をチェックして購入してみようと

思います!!


『アイスデリ(IceDeli)』


lifestyle_otoku at 18:38|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2017年06月14日
13枚羽根と3電源(AC電源・USB電源・乾電池)が特徴!キャンプ&屋外作業時や災害時にも使える薄型で持ち運び便利な扇風機 ドウシシャ『スリムコンパクトファン(SLIM COMPACT FAN)』



暑くなってきて、小型のファンを

購入しようと思いました。

20170608(F 1)


家の中やオフィスで 小型の

扇風機を使ってますが、

屋外作業時やキャンプ時の

テントの中でも使えるような

乾電池で動くタイプが無かった

ためです。



ネットで調べて、ドウシシャの

『スリムコンパクトファン』を

購入しました。

20170608(F 2)


家庭用電源・USB電源・乾電池が

使えます。

20170608(F 3)


家庭用電源とUSB電源で

二つの電源とするのは

少し?ですが、

乾電池で使用できるのは

ありがたいです!



iPhoneと比べてみると

こんな感じの大きさです。

20170608(F 4)


使ってみると、イイ感じです!


スリムで小型なんですが、

2段階切り替えの強風モードの場合、

風量は申し分ないです。



説明書では、アルカリ電池使用時は

連続使用4時間となっています。


充電地やモバイルバッテリーなどで

どれぐらい稼動するのか、

いろいろ試してみたいと思います!!


lifestyle_otoku at 22:58|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2017年05月30日
“渦電流”を応用した 抵抗が無い自転車用ライト!ハブダイナモや電磁誘導コイルの進化版といえる 渦電流を活用して発電するLEDライト『Reelight Neo(リーライト・ネオ)』



おもしろい商品を発見です。

『Reelight Neo(リーライト・ネオ)』

20170524(U 1)


自転車用のライトですが、

タイヤ押し付け型ダイナモでは

ありません。



タイヤやリムに接触することなく、

磁場内で金属が動く時に発生する

“渦電流”を利用してLEDを発光

させます。

20170524(U 2)


タイヤ押し付け型ダイナモが

第一世代とすれば、

ハブダイナモは第二世代、

電磁誘導コイルダイナモは

第三世代、そしてこの商品は

第四世代ということになります。

20170524(U 3)


渦電流は発生量が少ないため、

ハイパワーのLEDが使えないことと

アルミリムしか対応していないと

いうことが難点でしょうか。

20170524(U 4)


電池交換不要の自転車用ライトの

進化が楽しみです!


lifestyle_otoku at 22:58|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2017年03月10日
個人情報保護、プライバシー保護のために個人でも所有したい!簡単に裁断するだけでシュレッダーのメンテナンスができる『シュレッダー・メンテナンスシート(コクヨ)』



おもしろい商品を見つけました。

『シュレッダーメンテナンスシート』

20170303(S 1)


最近は企業だけでなく、個人でも

所有している割合が高くなっている

“シュレッダー(裁断機)”の手入れが

簡単にできるというものです。



方法は“裁断するだけ”という

手軽さ というか 簡単さ です!

20170303(S 2)


ハサミの切れ味を回復するために

アルミホイルを切る、という手法が

ありますが、そういった事では

ないようです。


シート状パックの中には、

潤滑油が入っているんです。



シュレッダーすることで

裁断刃のクリーニングや潤滑、

さらにサビ止め効果も期待できます。



値段は13枚入り900円程度と手頃です



家のシュレッダーで試してみようと

思います!!


lifestyle_otoku at 22:18|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
最新記事
過去記事