六甲山をはっしんがこのブログで解説します!六甲山に興味津々!



ブログトップ>カテゴリー:六甲山

六甲山

六甲山についてのページです。
六甲山について新着順に記事を並べています。

六甲山

2014年09月08日
約140年前のスポーツイベントが再び復活!六甲山系・摩耶山の知名度向上&魅力向上が目的の『シム記念・摩耶登山マラソン』(摩耶山マラソン・六甲山マラソン)



久しぶりに摩耶山に登ったら

こんなイベント告知がありました。

『シム記念・摩耶登山マラソン 2nd』

シム記1


2014年12月6日(土)、摩耶山の

山頂付近を走るマラソン大会です。



第1回は2013年5月11日に開催されて

いたんですねσ(^_^;)。



摩耶山〜六甲山の山頂周辺は、

キレイに整備されています。

市街地から気軽に行くことができる

山としては、日本で一番と思います!



摩耶山は標高702mなので、気温は

市街地より4〜5度低いです。



夏場は快適ですが、冬場は注意が

必要です。



昔、11月初旬のハイキング中に、

吹雪&積雪があって驚きました。



六甲山・摩耶山好きな友人を誘って

摩耶山頂マラソンを検討してみます!

シム記2





lifestyle_otoku at 22:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2013年08月22日
芸術の秋・行楽の秋・スポーツの秋にピッタリなイベント!六甲山上で開催される現代アートの展覧会『六甲ミーツ・アート 芸術散歩2013』



数年前から開催されている

『六甲山ミーツアート』が、今年も

開催されます。
六甲ミー1


六甲山の山頂周辺を舞台に展示される

アート作品達を、ピクニック気分で

回遊しながら楽しめるイベントです。
六甲ミー2

(以前の様子)



開催期間は

2013年9月14日(土)〜11月24日(日)で

開場時間は10〜17時(一部例外あり)

となってます。



無料で鑑賞できるモノや、

鑑賞チケットの必要なモノなど、

いろいろ楽しめます。



まだ、残暑が厳しいと思われますが、

市内より、気温が5〜6度ほど低い、

六甲山頂で優雅な休日を過ごすのも

イイですね!


『六甲ミーツ・アート2013』




lifestyle_otoku at 23:11|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2012年10月09日
神戸に新しい大学が開校?!六甲山系をキャンパスに見立てて新たな魅力を紹介する活動『六甲山大学』開設



神戸に新しく大学ができます。

『六甲山大学』
六甲山大1


高等教育機関としての施設ではなく、

“六甲山”の魅力を広めるための

活動としての“仮想大学”というか

“バーチャル大学”なんです。
六甲山大2


ネット上だけの活動ではなく、

実際に六甲山系で色々なイベントも

開催される予定です。
六甲山大3



2012年10月14日(日)には

六甲山記念碑台で開校記念式典が

開かれます。


六甲山&摩耶山が大好きなので

参加してみたいと考えてます!!


『六甲山大学』




lifestyle_otoku at 22:58|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2012年09月18日
行楽のシーズンにピッタリのフリマ!無料で出店・参加できるフリーマーケット『摩耶山リュックサックマーケット』



アウトドア活動には最適な

シーズンとなったんで、

六甲山系の“摩耶山山頂”で開催

されているフリーマーケット

『摩耶山リュックサックマーケット』

に来ました。
摩耶山フリ1


毎年3月から11月の第三土曜に開催

されてます。


リュックサックに売りたいモノを

入れて、摩耶山山頂の“掬星台”で

売り買いしよう!という催し物です。



このフリマは参加料も、出店料も

無料となってます。


灘区の“摩耶山再生の会”が主催と

なって 企画・運営してます。



出店内容を見てみると、

“手作りグッズ”が

大半です。
摩耶山フリ2


摩耶山フリ3



リュックサックに入れて持ち運べる

大きさが多いです。
摩耶山フリ4


摩耶山フリ5


事前申込をすれば、飲食物も出店

できます。
摩耶山フリ6


摩耶山フリ7


グリルを持ち込んで、炭火焼きで

チキンやスペアリブを販売している

方もいました。
摩耶山フリ8



行楽シーズンには、六甲山〜摩耶山で

いろんなイベントが開催されてます。



しばらく残暑が厳しいですが、

市街地より気温が3〜5度ほど低い

山頂付近でアウトドアを満喫したいと

思います。




lifestyle_otoku at 23:01|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2011年09月27日
調査続編!2年が経過した六甲山道路の路面グルービング工法



以前『路面グルービング工法』

調べに行きました。



その後、経時変化で路面がどうなって

いるのか見に行きました。

グルービン1



見た目は ほとんど変わってません。

グルービン2



自動車のタイヤがよく通っている

部分は磨耗が進んでます。
グルービン3


2年前は12mmほどだった深さは

6mmほどになってます。



グルービン4


あまりタイヤが接地してない部分は

10mmほどです。



グルービングの終わる部分は
グルービン5



あまり変化がありません。
グルービン6





路面グルービング工法は1〜2年で

溝が埋まってしまったり、

削れてしまったりするかも、と

思っていましたが違ってました。



二輪車、特にタイヤの細い

“ロードバイク”は引き続き

『グルービング(縦溝)設置区間』に

要注意です!




lifestyle_otoku at 23:08|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2011年09月26日
行楽の秋にピッタリのイベント!神戸・六甲山山頂一帯で行われる『六甲ミーツ・アート 芸術散歩2011』



気温が下がってきたので

久しぶりに六甲山に登りました。

六甲ミーツアート1



すると こんなイベントが!

『六甲ミーツ・アート』

六甲ミーツアート2



六甲山頂のいろんな場所で

現代アートの展示がおこなわれて

いるんです。

(2011年9月17日〜2011年11月23日)



六甲ガーデンテラスでは

超巨大なメガホンが展示されてます!

六甲ミーツアート3



“西村正徳”作の

『新型メガメガホン』

(オオゴエの吹き出し)です。

六甲ミーツアート4



今度、他の作品も見てみたいので

山頂トレッキングを楽しみながら、

現代アート展示会巡りをしてみたいと

考えてます!!

六甲ミーツアート5





lifestyle_otoku at 22:57|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2010年05月17日
六甲山&摩耶山のベストシーズン!『摩耶山リュックサックマーケット』訪問



山登りするにはイイ季節になってきたので

トレーニングを兼ねて摩耶山山頂で開催されてる

『リュックサックマーケット』を訪問しました。
摩耶山リュック1


大勢の人で賑わってます。
摩耶山リュック2



子供服や
摩耶山リュック3


手作りグッズ、
摩耶山リュック4


手作りパンや
摩耶山リュック5


お菓子類が販売されてます。
摩耶山リュック6



手作りハンコ屋さんや
摩耶山リュック7



リュックマーケ発案者・ナディストさんの

“リュックサックビートルズ”です。
摩耶山リュック8



パンの販売が多いなか、杏仁豆腐や
摩耶山リュック9


豚串や
摩耶山リュック10


摩耶焼き(お好み焼き)などの
摩耶山リュック11

珍しいものが人気ですねぇ。



摩耶山リュックサックマーケットは

基本的に毎月第三土曜に開催されます。


「出店します!」とチケット売場で言えば

摩耶ケーブル&摩耶ロープウェー乗車料金が

割引になるので山頂周辺観光にも最適です。


興味がある人は、ホームページで開催情報を

チェックして訪問してみてはいかがですか!


『ナダタマ(灘区情報ホームページ)』




lifestyle_otoku at 23:09|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2009年08月25日
社会派調査!?六甲山道路の路面グルービング工法をチェック



新聞で気になる記事を見ました。

【ドリフト運転閉め出しへ グルービング工法】

グルービング工法1




『グルービング工法』とはアスファルト路面に

多くの細かな溝を掘って、タイヤのグリップ性を

向上させようとするものです。



本来は横風の強いトンネル出口や橋の上とか、

老朽化した路面に施してタイヤを滑らなくする

目的の工法です。



横方向のタイヤのグリップ性が上るので、

タイヤを滑らせながらコーナーを通過する

『ドリフト族』にとっては楽しみが無くなるため

『走り屋』『ローリング族』対策にもなってます。



六甲山の安全を守るためにはイイ事なんですが

気になることがあります。

“自転車にとって安全なのか?!”


グルービング工法はタイヤの接地面積が少ない

『二輪車』にとって恐怖の工法なんです。



タイヤがグリップしたり、しなかったり、

曲がりにくくなったり、ブレーキが利かなく

なったりコントロールが難しくなります。



万が一、こけた時も恐怖です。

“大根おろしがね”のような形状と言えるので

グルービングの上でコケた場合は体が削れます。



いろいろ気になったので実際に六甲山へ

登ってきました。

グルービング工法2




グルービング工法採用区間には標識が

でかでかと表示されてます。

車でもハンドリング感覚が微妙に変わるので

事前告知しているんですね。

グルービング工法3




一見しただけでは普通の道路と変わりませんが

グルービング工法4




良く見ると溝が掘られてます。

グルービング工法5




大きさ比較のために10円玉を置いてみました。

グルービング工法6


グルービング工法7




クルマにとっては問題ないレベルですが、

バイクやスクーターには違和感が出るでしょう。

グルービング工法8




問題は“ロードサイクル(スポーツ自転車)”です。


ロードタイヤ幅の1/2〜1/3の寸法の溝幅です。


溝の端は排水を考慮してか 20mm幅の広い溝です。

グルービング工法9




砂や落ち葉が溜まりやすいことも大問題です。



グルービングの実物を初めてじっくり見ましたが

ロードサイクルのことを考えていない、危険な

路面加工です。



六甲山の山頂道路はスポーツ自転車で走る人も

多いので、いつかは問題になる気がします。



転倒しやすいだけでなく、転倒時のケガが

増幅されてしまいます。



幅広い意見を求めることなく施工されてしまった

グルービング工法に対してできることは、

「注意して走る」ことしかありません。



路肩側1/3ほどはグルービング加工をして

いない箇所もあるので、できるだけグルービング

部分を踏まないように走ることも大切です。



ロードバイクで六甲山頂付近を走るときは

“グルービング工法”に要注意です。

グルービング工法10




lifestyle_otoku at 23:05|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)
2008年10月18日
摩耶山山頂でフリーマーケット!リュックサックマーケット



秋の行楽シーズン真っ只中に

摩耶山へ行きました。

摩耶山頂・掬星台で開催されている

『リュックサックマーケット』を

見に行くことがサブテーマです。

リュックマーケ1



大勢の人がフリーマーケットに参加してます。

リュックマーケ2



家で不要になったモノを売る人や

リュックマーケ3



生演奏のリクエストを受け付ける人

リュックマーケ5



手作り品を売る人がいますが

リュックマーケ4



人気があるのは“飲食関係”です。


一番多いのは手作りパンやお菓子類

リュックマーケ6



カレー屋さんや

リュックマーケ7



変わったところで、石焼いも屋さん

リュックマーケ8

リュックマーケ9



ラム肉のバーベキューを提供する人まで

様々なレパートリーがありました。

リュックマーケ10

リュックマーケ11



最高の行楽シーズンに、最高の晴天で

気持ちの良いひとときを過ごせました。



いつかは美味しい食べ物を提供する側に

なって参加してみたいです!


『リュックサックマーケット』



lifestyle_otoku at 23:39|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2008年09月18日
神戸市の英断!六甲山稜線眺望保護の高層建築規制



海と山が近接している観光都市の神戸が

六甲山や摩耶山の風景を守るために

“稜線規制”を導入するようです。



ポートアイランドにある“しおさい公園”からの

眺望を基準に、山の稜線を越える高層ビルの

建設を禁止するといった内容です。

稜線規制1



京都の高層建築規制(高さ規制)よりも

現実的で問題が少なそうです。




六甲山好きですが、海から山を眺めるよりも

山から海を眺めることのほうが多いので、

高層ビルが眺望の邪魔になったことは無いです。

稜線規制2



でも景観に関する規制は、自分達が暮らす

街の将来を真剣に考えることにつながると

思うので大歓迎です。



神戸が“景観を守る観光都市”として

まわりから認知されることも大切ですし。



今後、海から山を眺める機会が増えそうです!



lifestyle_otoku at 21:40|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)
最新記事
過去記事