エコロジーをはっしんがこのブログで解説します!エコロジーに興味津々!



ブログトップ>カテゴリー:エコロジー

エコロジー

エコロジーについてのページです。
エコロジーについて新着順に記事を並べています。

エコロジー

2018年06月22日
二重窓にしたら 断熱・結露防止・省エネ・防音・UVカット 効果がアップ!中空ポリカーボネート板を使って自分で作る断熱二重窓 アクリルサンデー株式会社『エコな簡易内窓』

 

ホームセンターで新しい商品を

発見しました。

『エコな簡易内窓』

20180617(E 1)


冬の断熱や 夏の冷房効果向上、

防音効果アップも期待できる

“二重窓”を手作りで設置できる

キットとなってます。

20180617(E 2)


現状の窓枠に、設置スペースがあれば

手軽に 断熱・結露防止・省エネ・防音が

向上できる“二重窓”を追加設置

できるんです。



二重窓に使われる材料は、中空構造に

なっているので、かなりの効果が

期待できるでしょう。

20180617(E 3)


透明度は下がりますが、

UVカット効果も向上するでしょう。



以前から中空ポリカーボネート板を

いろんな工作で使っていたので、

使い勝手は良くわかります。

20180617(E 4)


実家の窓は、1枚ガラスの

昔ながらの窓なので、

自作の二重窓を設置してみようと

考えてます!


lifestyle_otoku at 22:58|この記事のURLComments(0)
2017年12月07日
ニオイだってオシャレにとりたい!天然の多孔質素材とバチルス菌のハイブリッドパワーで臭いの元を集めて消す 世界初の消臭グリーン『eco-pochi(エコ・ポチ)』



気になる商品を見つけました。

『eco-pochi(エコ・ポチ)』

20171130(e 1)


お洒落な造形の植木鉢に

植物が植えられている商品です。



ただのインテリアかと思いきや、

高い消臭効果があるんです。

20171130(e 2)


粒状の竹炭を固めて作った植木鉢は

冷蔵庫に使われる脱臭剤【キムコ】や

【脱臭炭】などの活性炭のように

機能します。



さらに、悪臭成分を分解する

消臭効果がある【バチルス菌】を

付加しているので、消臭効果が

長続きするようです。



植物の癒し効果などとあわせて、

有効に機能するインテリアです!



新居を建設中の知り合いに、

新築祝いとしてプレゼントしようと

考えてます!!


lifestyle_otoku at 22:58|この記事のURLComments(0)
2017年10月04日
【防虫】【芳香】【消臭】効果がある衣類防虫ケア!100%天然成分(オーガニック成分75%)を使った せんい製品防虫剤(スペアミントオイル製剤)『natuvo(ナチューヴォ)』アース製薬



ホームセンターで新しい商品を

発見しました。

『natuvo(ナチューヴォ)』

20170916(N 1)


衣替えシーズン前に、大々的に

取り扱われている防虫剤です。



100%天然成分で、そのうち75%が

化学農薬や化成肥料を使用していない

農地で有機栽培された植物から抽出

した精油となってます。

20170916(N 2)


一般的な衣料用防虫剤には、

ナフタレンやパラジクロロベンゼン、

ピレスロイドなどが使用されてます。


化学合成成分が嫌な人の場合は、

昔ながらの『樟脳(しょうのう)』

使う場合もありますが、

独特なニオイのため

「おばあちゃんの家の匂いがする」と

言われることもあります。



『natuvo(ナチューヴォ)』の成分を

見てみるとイイ感じです!

20170916(N 3)


ミント、ユーカリ、ラベンダー、

レモングラス、ローズマリー etc

馴染みがあり、良い香りであることが

想像できます。



使われている精油から、

一定の防虫効果も期待できそうなんで

衣替えの時に 一部の衣類で試して

みようと考えてます!!


lifestyle_otoku at 22:58|この記事のURLComments(0)
2016年05月31日
リチウムイオン電池を使った製品が壊れた!過放電&過充電保護回路が無くても電圧を確認しながらであれば使用できる【18650型リチウムイオン電池交換作業】



リチウムイオン電池を使った製品が

壊れたようです。

Lit 1


友人の使っている機材です。



分解してチェックしてみると

リチウムイオン充電池の電圧が

0ボルトで充電もできません。



普通、電池パックに内蔵されている

“過放電・過充電制御回路”が

2.8V以下にならないように、

見張っていて、問題があれば

自動遮断されるのですが・・・。



リチウムイオン電池の不具合や

寿命も考えられるので、

リチウムイオン電池(18650タイプ)

の交換をすることにします。



一番 手頃な18650型電池といえば

【モバイルバッテリー】でしょう。

Lit 2


ケースの形状を見て、18650が

内蔵されているかどうか判断します。



問題製品の電池パックに付いている

【保護回路】をチェックしてみると

コンデンサ部分が死んでました。

Lit 3


新しい18650型充電池に、古い

保護回路を付けてみようと考えて

ましたが、諦めました。



リチウムイオン電池(18650型)は

2.8V以下になっても使い続けたり、

4.2V以上でも充電を続けたりすると

死んでしまいます。



死ぬだけでなく、破裂したり、

液漏れの可能性も出てきます。



今回の修理では18650型×3本として

12Vを取り出したので、最低8.4V、

最大12.6Vを守れば 【保護回路】が

無くても使えそうです。

Lit 4


どんな電池でも破裂・爆発の危険性が

あるので、取扱説明書に記載されて

いないことをする場合は、あくまでも

自己責任で行いましょう。

Lit 5


※リチウムイオン電池の廃棄は
 回収をしている電気屋さんに
 持っていきましょう。


lifestyle_otoku at 23:01|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2015年06月16日
大人も履きたくなる秀逸なデザイン!6ヶ所にサイズ調整が可能なベルトが付いた構造で何年も履ける子供靴『The Shoe』(Because International)



よく考えられた製品を発見です。

『The Shoe』

Shoe1


サイズ調整機能が付いた靴です。



今までも中敷の厚みで調節したり、

ベルクロテープで足長方向に長さを

変えることができる靴がありましたが

このThe Shoeは足囲も変えることが

可能です。

Shoe2


5歳から9歳までの【スモール】と

10歳から14歳までの【ラージ】が

用意されてます。

Shoe3


子供靴としてだけでなく、

【20.0〜22.5cm】【23.0〜25.5cm】

【26.0〜28.5cm】【29.0〜31.5cm】

などの大人用も作れそうです。



サイズ兼用できるということは、

在庫負担が大幅に減るので、

コストダウンも可能でしょう。



流行の“エシカルファッション”

“フェアトレード製品”として

採用することもできそうです。



靴というよりサンダル形状なんで

寒冷地では厳しいかもしれませんが

多くの国で販売できそうです。



サイズ可変シューズの今後が

楽しみです!




lifestyle_otoku at 23:01|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2015年05月20日
夏場の省エネで最初に検討したい快適性向上対策!ゴーヤカーテン(グリーンカーテン)や よしず(すだれ)よりも安価で簡単に設置できる100円ショップ・キャンドゥの『遮光シート』ポリエチレン製



日に日に日差しが増してくる中、

対策しておきたいことがあります。

それは【遮光対策】です。



毎年、ゴーヤカーテンやスダレで

直射日光を遮ってきましたが、

今年はこれを試してみます。

『遮光シート(幅88cm×長さ160cm)』

バシー1


ポリエチレン製の紐を合わせた作りの

メッシュ状シートです。

バシー2


大きさは幅88cm×長さ160cmです。

バシー3


日除け対策、省エネ効果のほかにも

プライバシー保護(目隠し効果)も

あります!



以前から、ホームセンターなどの

園芸コーナーで取り扱いがあった

商品ですが、今回は100円ショップの

【キャンドウ】で購入しました!

バシー4


準備に時間がかかるグリーンカーテン

よりも、廃棄時に手間がかかる

たてず(ヨシズ)よりも、合理的で

簡単設置が可能でしょう。



炎天下が続くようになる前に、

ベランダ設置を考えてます!




lifestyle_otoku at 23:01|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2015年02月19日
USB端子から充電できる充電池が続々登場!Micro-USBポートを搭載した充電器不要のUSB充電式乾電池『LIGHTORS(ライターズ)』



エコロジーで使い勝手の良い

充電式乾電池が登場しました。

『LIGHTORS(ライターズ)』

LIGHTO1


電池の側面にMicro-USB端子が

あって、USBポートから直接充電

できるんです!



小さな乾電池本体の中に、

USBポートから給電される5Vを

降圧させる回路やバッテリー保護回路

そしてニッケル水素電池本体を内蔵

しているんです。



単三タイプだけでなく単四タイプも

あります。

LIGHTO2



USB端子を持った単三型充電電池は

すでに市販されてますが、

1本当たり600円以上となってます。

『USB充電式乾電池 エコデン』

LIGHTO3



専用充電器を必要としない、

USB端子から直接充電できる商品の

市場が広がって、競合品が増えたら

価格も下がると思われます。



単一タイプや単二タイプ、大容量

タイプや、リチウムイオンタイプなど

いろんな種類が登場して欲しいです!




lifestyle_otoku at 22:57|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2014年11月10日
自転車に乗りながら空気中の水分から飲料水を作り出す!ペルチェ素子(電子冷却素子)を使った近未来的なエコロジーマシン『Fontus』



ネットで素晴らしい内容のマシンを

教えてもらいました。

『Fontus』

Fontus1


空気中の水分から飲料水を作り出す

装置です。



電気を流すと温度が下がる

【ペルチェ素子】を使って、結露状態を

発生させて、水滴を集める!といった

内容です。



自転車に取り付けると、連続して

水分を含んだ空気を取り込めるし、

ダイナモによる自家発電や、太陽電池

による給電が可能になります。



既存の技術を組み合せて、問題を

解決する といった秀逸な発想です!



極度の乾燥地帯や、有機溶媒が

漂っている地域では使えませんが、

ほとんどの地域で活躍するでしょう。



器用な人なら、昔から販売されている

同じ原理の“ペルチェ式 除湿器”を

改造して、実際に試すことも

可能でしょう。


Fontus2


Kristof Retezar氏が発表した

『Fontus』の今後が楽しみです!!!




lifestyle_otoku at 23:01|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2014年10月23日
外気温が手軽にわかる!エアコンを無駄なく使用できて、季節の変わり目に便利な『温度センサー別体デジタルサーモメーター(デジタル温度計)』



日本橋電気街で興味深いモノが

売ってました。

『Digital Thermometer』

サーモ1


デジタル表示の温度計(気温計)です。



安い金額も魅力的ですが、温度を

計測する“温度センサー部分”が

コードの先に付いていることに

魅かれました。



最近、朝晩が寒くなってきたので、

室内から屋外の気温を測りたいなぁ

って考えてました。



窓の外に温度計を貼り付ける事を

考えてましたが、スマートでは

ないですし、窓から室温が伝わって

しまうかもしれません。


ということで試してみることに!

サーモ2


コードの長さは充分に長いです。

サーモ3


温度センサー部分を窓のスキマから

外部に出して、温度計本体は

ワイヤーハンガーの針金と組合わせて

見えやすく固定してみました。

サーモ4

イイ感じでセットできて、気温測定も

確実にできてます!



温度センサー&コード部分は、

正確な気温測定と耐久性向上のために

・直射日光にあたらない
・できれば雨に濡れない

ことが理想的です。



外気温が簡単に判れば、

朝の服装選びに役立ったり、

換気を考えたり、重宝します。



夏場になったら、

「エアコンの設定温度より
  外気温のほうが低かった」

というような無駄をなくすことも

簡単にできそうですね!!




lifestyle_otoku at 22:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2014年07月11日
ご家庭の扇風機が氷扇風機に変身!冷凍庫で凍らせて扇風機の背面にセットする扇風機冷風強化装置『アイストーン』



東急ハンズで夏本番に向けた

素敵な商品が売ってました。

『アイストーン』
アイスト1


扇風機に取り付ける“氷枕”、

“保冷剤”といった感じです!
アイスト2


扇風機の前面に取り付けるタイプも

あります。
アイスト3


エアコンだと冷えすぎる、という人や

できるだけエコロジーが良い、という

人にピッタリかもしれません。



冷凍庫で3時間以上凍らせておけば、

扇風機にセットして2〜3時間使える

ようです。

何度も使えるので経済的です。



二つに分割できる構造で

冷凍庫に入れやすいところや、

結露水を受ける皿が付いている

ところが工夫されてます。



最近のDCモーター扇風機や、

凝った形状のファンには

取り付けられないかもしれないので

注意が必要です。



エアコン嫌いの友人に、教えて

あげようと思います!!




lifestyle_otoku at 23:01|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
最新記事
過去記事